不妊(不妊症)の漢方 多嚢胞性卵巣(PCOS)に実績多数

東京 不妊 漢方 

東京 不妊 漢方
不妊の漢方相談について
妊娠のご報告
お母さんになるために       
選ばれる理由
お問い合わせ
不妊なんてなんのその!     漢方で母になる! 【ブログ】  

東京 不妊 漢方
私たちの神秘なカラダ
基礎体温からのメッセージ
基礎体温を測りましょう
排卵は、どのようにして起こるのか
排卵後から、妊娠不成立の場合
妊娠のしくみ

東京 不妊 漢方
「不妊症」とは?
女性不妊の原因と検査
男性不妊の原因と検査
病院での不妊治療
不妊治療に使われている薬

東京 不妊 漢方
「漢方」でうまくいく!(コラム)
「漢方」って何?
基礎体温表のパターン
二人目不妊・くり返す流産
周期調整法は効果的です!
カウンセリングルーム

東京 不妊 漢方
越中・鳳薬局のご案内
アクセス
私のプロフィール
よくある質問
〜赤☆待ちさんを「母」にする〜 【ぷれママ塾通信】
リンク

不妊の漢方相談について お客様に選ばれる理由 不妊 漢方 料金&お申し込み
不妊 漢方 妊娠のご報告 お母さんになるために 不妊 漢方 専門 鳳薬局のご案内

越中・鳳薬局が選ばれる理由 多くの薬局から選らんでいただいている訳は?

 
不妊 漢方TOP>初めての方へ>選ばれる理由

選ばれる理由は、取り組んできたことでもあるのです。 
多くの不妊の漢方相談をなさっている薬局のなかから、越中・鳳薬局を選んでいただき、
感謝いたします。
また、遠方にもかかわらず、お越し頂き、恐縮です。


不妊は、大変デリケートな問題です。
また、原因がはっきりしないことが多く、かえって悩みが深くなっていきます。


患者さんどなたも知りたいことは、
「なぜ、妊娠しないのか」
「病院の不妊治療はいつまで続けなければならないのか」
「本当に妊娠するのか」・・・・・などということでしょう。


多くの患者さんに出会い、
自分の「どこが、どうなのか」

つまり、病院での説明をあまり受けていない現実を知りました。


もともと、不妊治療における誘発剤等、薬剤の投与による女性ホルモンの分泌への影響はわかっていましたので、薬局ではその説明に時間は割いてきました。


それが今日では、
「よく説明をしてくれる」
「知識が多い」・・・・・といった「選ばれる理由」になっているのかもしれません。


患者さんから伺った「選んでいただいている理由」のおもなもの5つをご紹介します。
排卵日近くのタイミングのとり方をしっかり伝えていること
基礎体温表のとらえ方を詳しく説明していること。
病院での検査結果の説明が充分されていること
不妊治療についての知識が豊富であること
おすすめした漢方薬が適切で、説明もきちんとされていること。
それでは、@〜Dについて、少しお話しましょう。
排卵日近くのタイミングのとり方をしっかり伝えている。
妊娠を望んでいてもご夫婦での受精しやすい時、排卵日あたりのタイミングがとれていないと本末転倒です。

初めて薬局に不妊の漢方相談にお越しの方の基礎体温表は、「排卵日がわからない」状態であることがほとんどです。
また、排卵日前から分泌され、排卵日に特有の分泌をする「おりもの」
これもはっきりしない方がほとんどです。
特に、病院での不妊治療を続けている方は、誘発剤の副作用として「おりもの」は減ります。
(この理屈は別のページでお話していますから、ここでは省略します)


「おりもの」は、受精に必須で、なくてはならないものです。


排卵日の特定と、「おりもの」の分泌。


まず、漢方薬で女性ホルモンのバランスを整え、基礎体温表をきれいにします。
これにより、排卵日がわかるとともに、「おりもの」の分泌もはっきりしてきます。


漢方薬の服用約3ヶ月で変化がみられることが多いようです。
(無排卵・無月経の方は、時間がかかります)

一回、一回の排卵を無駄にしないために、
薬局では、排卵日のことをしつこくお話をしているのです。

▲越中・鳳薬局についてもっと知りたい方はこちらへ→不妊 漢方TOP

▲不妊 漢方相談の予約 ・お問い合わせの方はこちらへ→ お問い合わせ
基礎体温表のとらえ方を詳しく説明していること。
毎朝、本当にお疲れ様です。
基礎体温をつけていること。その報いがあります。

基礎体温は、実にわかりやすく女性ホルモンのバランスをしめす唯一のものです。
だからこそ、見誤ってはいけないですし、逆によくチェックしていくことで何がどうなっているのかが検査をしなくてもわかります。


薬局では、長年の知識から膨らました「基礎体温表」の独自のみかたを実践しています。
それにより、患者さんの不妊にいたっている原因を推測し、さらに検査結果などど照らし合わせています。
このことが、的確な漢方薬の選択にもつながっているのです。


たとえば、基礎体温表の低温期がギザギザしている理由や、高温期に体温が極端に下がるのはなぜなのか・・・
患者さんご自身がみてもなかなかわからない部分をきちんと説明しております。


病院の医師は、基礎体温表をきちんと理屈をもってみているのかな?と、患者さんのお話から感じることもあります。


薬局は検査などできません。
だからこそ、この基礎体温のことを追求してきたのです。

▲越中・鳳薬局についてもっと知りたい方はこちらへ→不妊 漢方TOP

▲不妊 漢方相談の予約 ・お問い合わせの方はこちらへ→ お問い合わせ
病院での検査結果の説明が充分されていること。
病院の検査結果は、患者さんご自身が基礎体温表と照らし合わせて、
不妊に至っている状態を知るために役立ちます。


しかしながら、眺めてばかりではいけません。

基礎体温表がギザギザしている原因、月経がない原因、生理周期が長かったり、短かったりすること・・・など、検査結果は、患者さん自身を感覚的ではなく、
「これが原因なのだ」と納得させるものなのです。


また、検査を受けていない方でも高プロラクチン血症などが疑われる場合などは、
積極的に検査をおすすめしています。


現在、不妊治療を主たる業としている医師のなかには、検査をするものの数値をみていないのか、みれないのか、わかりませんが、見落としも多々あるのが現実です。

薬局では、治療をお受けになる患者さん自身が遠回りなさらないためにも、検査結果をみて、さらには、患者さん自身も数値が読めるようにアドバイスしています。

▲越中・鳳薬局についてもっと知りたい方はこちらへ→不妊 漢方TOP

▲不妊 漢方相談の予約 ・お問い合わせの方はこちらへ→ お問い合わせ
不妊治療についての知識が豊富であること。
どんな病気についても、その病気について知っておくことは当然のことです。

不妊の漢方相談をしている!
漢方なんだ!
ということで、女性のカラダのしくみや月経のメカニズムをわからなくてもいいんだ!
病院の不妊治療のこともわからなくっていいんだ!


これでは、何が根本的な原因なのか。
わかるはずがありませんし、漢方治療のプロセスを考えることも不可能です。


また、不妊治療につきものの排卵誘発剤等の副作用が患者にでているから少し誘発剤をお休みしてもらおう・・・・といったアドバイスもできません。



不妊治療の知識をもっていることは、実は、患者さんのためなのです。



どのような治療法を選んでいくかは、患者さんです。
が、医療従事者として、最良の方法のご提案をし、
一日でも早く、負担のない方法でゴールをきっていただきたいと思うのです。

不妊治療は女性に大変負担をかけます。
本当に必要な治療なのか?
特に、タイミング療法、人工授精(AIH)は、治療方法として必要なのかと考えていただきたいため、薬局では、治療の理屈などもお話しています。


妊娠・お産はリミットのあることです。


なるべく自然な妊娠ができるよう漢方薬をおすすめするとともに、不妊治療をトライしていただきたい場合にはご提案しています。

これも、不妊治療についてわかっていればこそ、なのです。

▲越中・鳳薬局についてもっと知りたい方はこちらへ→不妊 漢方TOP

▲不妊 漢方相談の予約 ・お問い合わせの方はこちらへ→ お問い合わせ
おすすめした漢方薬が適切で、説明もきちんとされていること。
ここが、最も重要です。

越中・鳳薬局ではそのために次のことをミックスした問診をし、
患者さんに適切な漢方薬のご提案をしています。

  
  1、漢方の「証」を決定するためのご体調のチェック
  2、基礎体温表の様子
  3、病院での検査結果
  4、糸練功(しれんこう)


以上です。

1の体調のチェックは、お通じ、汗のかき具合、足が冷えないか、のぼせたりしないか、
 生理の周期は?生理痛はあるのか・・・などの内容を伺います。
 病院での問診と同じですね。


2の基礎体温表は、つけている方のみになりますが、
 グラフの形状からいろいろわかりますのでじっくり診ます。
 そのなかからの質問もいたします。


3の病院の検査結果は、明らかな原因がわかることもありますので、
 漢方薬で必ず服用していただきたいものを決定できます。
 たとえば、高プロラクチン血症の方がそうです。


4の「糸練功(しれんこう)」は、気の流れをみていますが、
 糸練功により女性ホルモンのバランスが整ってきたか、
 プロラクチン値が下がってきたか・・・などを大まかに知ることができます。
 
 また、1〜3でほぼ決定した漢方薬が患者さんに合っているのか否か、
 一日の漢方薬量(g)は何gなのか、などもチェックできるのです。



このように、いくつかのポイントをきちんとチェックして、適切な漢方薬をご提案しています。


それは、迅速・安心・信頼をもって、患者さんに接したいと思っているからなのです。

▲越中・鳳薬局についてもっと知りたい方はこちらへ→不妊 漢方TOP

▲不妊 漢方相談の予約 ・お問い合わせの方はこちらへ→ お問い合わせ


▲このページのTOPへ

不妊の漢方相談について
不妊 漢方TOP漢方相談についてお問い合わせ薬局のご案内アクセス妊娠のご報告

不妊 漢方 相談の越中・鳳薬局です。おもに以下の地域からご来店いただいております。
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋・高崎) 埼玉県(さいたま・大宮・浦和・和光・蕨)
東京都(東京・銀座・新宿・池袋・渋谷・品川・大田・杉並・練馬・吉祥寺・町田・狛江・八王子・立川) 千葉(千葉・柏)
神奈川(横浜・川崎・藤沢・相模原) その他:長野・名古屋・大阪・広島・福岡
 
COPYRIGHT(C)2007〜不妊(不妊症) 漢方東京 漢方薬の越中・鳳薬局 ALL RIGHTS RESERVED.