不妊(不妊症)の漢方 多嚢胞性卵巣(PCOS)に実績多数

東京 不妊 漢方 

東京 不妊 漢方
不妊の漢方相談について
妊娠のご報告
お母さんになるために       
選ばれる理由
お問い合わせ
不妊なんてなんのその!     漢方で母になる! 【ブログ】  

東京 不妊 漢方
私たちの神秘なカラダ
基礎体温からのメッセージ
基礎体温を測りましょう
排卵は、どのようにして起こるのか
排卵後から、妊娠不成立の場合
妊娠のしくみ

東京 不妊 漢方
「不妊症」とは?
女性不妊の原因と検査
男性不妊の原因と検査
病院での不妊治療
不妊治療に使われている薬

東京 不妊 漢方
「漢方」でうまくいく!(コラム)
「漢方」って何?
基礎体温表のパターン
二人目不妊・くり返す流産
周期調整法は効果的です!
カウンセリングルーム

東京 不妊 漢方
越中・鳳薬局のご案内
アクセス
私のプロフィール
よくある質問
〜赤☆待ちさんを「母」にする〜 【ぷれママ塾通信】
リンク

不妊の漢方相談について お客様に選ばれる理由 不妊 漢方 料金&お申し込み
不妊 漢方 妊娠のご報告 お母さんになるために 不妊 漢方 専門 鳳薬局のご案内
 
基礎体温からのメッセージ

 
不妊 漢方TOP>「不妊症かな?」>基礎体温表からのメッセージ

基礎体温表から、不妊に陥っている原因も推測することができます。 
  越中・鳳薬局が多くの不妊 漢方薬局の中から選ばれる理由が
  「基礎体温表」を含めた問診です。

  
  皆さまが毎日つけている「体温表」
  これが、不妊解消の最も大切なもの。

  実は、基礎体温表の読み方が誤っている方がほとんどです。
  それが、思い込みになり、不妊期間を長くしているのです。

  
  「基礎体温表」を認識し、的確な漢方薬の服用により基礎体温表が整い、
  排卵日がはっきりわかるため、タイミングがうまく合うようになります。

男性にはない、周期的な体温の変化。
  男性にはない、周期的な体温の変化。
  「基礎体温」  月経のしくみをこの「基礎体温」から考えてみましょう。

基礎体温って何?
人の最も睡眠時に近い状態の体温を「基礎体温」といいます。

眠っている時に自分で測れませんから、
最も体温の下がる朝方の、目覚めて、起き上がる前の状態で測った体温をいいます。

ただし、就寝時間が夜中1時〜2時・・・になったり、
睡眠時間がかなり短い場合は、「基礎体温」とはいえません。

ここが大切なところです。


2つの山になっている「基礎体温」のグラフ
女性の場合、基礎体温を表にすると、
体温の低い時と高い時がある山が2つになっているグラフになります。

すでにご存知かと思います。

a.月経時、体温が低い。高かった体温が下がると、出血がはじまる。

b.月経出血後、(個人差はありますが)10〜14日間前後、体温の低い時が続く。

c.体温の低い、いわゆる「低温期」の最終日に最も体温が下がり、その後上昇する。
 (排卵日の特定)

d.次の月経出血がはじまる直前まで、高温期が約14日間続く。



このa〜dを繰り返している女性のカラダ。
この変化には、卵巣から分泌される2種類の「女性ホルモン」がかかわっています。

1つは、主に「低温期」に働く「卵胞ホルモン」

もうひとつ、排卵後は、空になった卵胞、すなわち黄体から分泌される「黄体ホルモン」
この黄体ホルモンのはたらきにより体温が上昇します。


生理周期がリズミカルに繰り返されている場合、
女性ホルモンも正常に分泌されているわけですから、
ご存知のとおり基礎体温はグラフにすると低い時、高い時の「2相」になるのです。


逆に、「2相」にならず、体温が一定の場合は「無排卵」といえます。

特にホルモンの分泌のバランスがよく、体温表も2相になっている場合、
低温期と高温期の体温差は「0.3〜0.5℃」であることが多いようです。

実は、これが「妊娠しやすさ」の1つの条件なのです。


基礎体温が教えてくれること
不妊 漢方 妊娠 東京 漢方薬局 
↑クリックすると拡大します
排卵しているか否か、はっきりわかる。
妊娠しやすい日を推測できる。
妊娠にこぎつけない原因がわかる。
妊娠の早期判定ができる。
自然流産の可能性がわかる。
50歳前後になると、閉経の前触れがわかる。

基礎体温が低温期と高温期に分かれるのは、
体温を上げる作用のある黄体ホルモンが、排卵後の卵巣から分泌されるためで、
排卵が起らなければ、当然、黄体ホルモンも分泌されず、
基礎体温はずっと低温のままになります。


ただ、さまざまな影響で、ときどき排卵が起らないというのはよくあること。

また生理周期が長い月と短い月をくり返す人の基礎体温をみると、
排卵のある月とない月を交互にくり返している場合もあるのです。


このように基礎体温には排卵の有無がはっきりとあらわれます。

ときどきでも排卵があれば妊娠は可能ですが、
下図のように低温一相性の状態が何ヶ月も続く場合は、
不妊の原因となる“無排卵性月経”が考えられます。

不妊 漢方 妊娠 東京 漢方薬局 
体温を上げる作用のある黄体ホルモンは、ふつう排卵後約2週間で分泌量が減り、
体温も下がって月経が始まります。 でも、妊娠した場合、黄体ホルモンはその後も分泌され続けます。

つまり、高温期が3週間以上続いていて、しかも月経がこないという場合は、
妊娠の可能性大ということ。

また、高温が3週間以上続いたあとで出血した場合は、流産の可能性もありますから、
すぐに病院へ。

不妊 漢方 妊娠 東京 漢方薬局 
二相性の正常な基礎体温からは、妊娠しやすい日(避妊したい人にとっては危険日)と
妊娠しにくい日がわかるだけでなく、
次の月経を予測することもできます。 卵子の寿命は24時間から長くて4日間。

また精子の生存能力は3〜4日、長くても7日とされていますから、
もっとも妊娠の確立が高いのは、
排卵日の3〜4日前から排卵後3〜4日めまでの約1週間となります。

また、次の月経を予測する場合は、排卵後(高温期が約2週間続いたあと)
体温が下がり始めたら、
間もなく月経が始まりるというサインと考えられます。

不妊 漢方 妊娠 東京 漢方薬局 
突然、月経が止まって閉経するという人はほとんどなく、基礎体温を測っていれば、
ある程度閉経を予測することができます。

まず閉経が近づくと、それまで一定していた月経周期がだんだん足早になり、
さらに約2週間あった高温期も、10日、8日という具合に短くなってきます。


これは、若いころに比べて黄体ホルモンを維持する力が弱くなってきたため。

基礎体温にこのような変化があらわれたら、そろそろ閉経が訪れると考えられます。

不妊 漢方 妊娠 東京 漢方薬局 

 
最後に。
この上に示した体温表が「かたち」として理想的なものです。

ただし、実際の基礎体温表はもう少し、低温期・高温期ともに体温が上下しています


基礎体温表はBESTのカタチをめざさず、
まず「どこに治療目的」が潜んでいるのかを見つける材料にしましょう!


▲このページのTOPへ

不妊の漢方相談について
不妊 漢方TOP漢方相談についてお問い合わせ薬局のご案内アクセス妊娠のご報告

不妊 漢方 相談の越中・鳳薬局です。おもに以下の地域からご来店いただいております。
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋・高崎) 埼玉県(さいたま・大宮・浦和・和光・蕨)
東京都(東京・銀座・新宿・池袋・渋谷・品川・大田・杉並・練馬・吉祥寺・町田・狛江・八王子・立川) 千葉(千葉・柏)
神奈川(横浜・川崎・藤沢・相模原) その他:長野・名古屋・大阪・広島・福岡
 
COPYRIGHT(C)2007〜不妊(不妊症) 漢方東京 漢方薬の越中・鳳薬局 ALL RIGHTS RESERVED.