不妊(不妊症)の漢方 多嚢胞性卵巣(PCOS)に実績多数

東京 不妊 漢方 

東京 不妊 漢方
不妊の漢方相談について
妊娠のご報告
お母さんになるために       
選ばれる理由
お問い合わせ
不妊なんてなんのその!     漢方で母になる! 【ブログ】  

東京 不妊 漢方
私たちの神秘なカラダ
基礎体温からのメッセージ
基礎体温を測りましょう
排卵は、どのようにして起こるのか
排卵後から、妊娠不成立の場合
妊娠のしくみ

東京 不妊 漢方
「不妊症」とは?
女性不妊の原因と検査
男性不妊の原因と検査
病院での不妊治療
不妊治療に使われている薬

東京 不妊 漢方
「漢方」でうまくいく!(コラム)
「漢方」って何?
基礎体温表のパターン
二人目不妊・くり返す流産
周期調整法は効果的です!
カウンセリングルーム

東京 不妊 漢方
越中・鳳薬局のご案内
アクセス
私のプロフィール
よくある質問
〜赤☆待ちさんを「母」にする〜 【ぷれママ塾通信】
リンク

不妊の漢方相談について お客様に選ばれる理由 不妊 漢方 料金&お申し込み
不妊 漢方 妊娠のご報告 お母さんになるために 不妊 漢方 専門 鳳薬局のご案内
 
くりかえす流産・二人目不妊

 
不妊 漢方TOP>不妊を克服する漢方治療>二人目不妊・くり返す流産


習慣性流産・不育症の漢方について
いわゆる不育症とまでは診断に及ばなかったものの、
妊娠成立後継続しない場合、
子宮内膜が過剰反応しないようにするための漢方薬をご提案していきます。

病院でアスピリンなど処方されてもうまくいまかなかった方も漢方薬のおご服用でご出産なさっております。


二人目不妊の原因
二人目不妊の原因として、出産後の授乳と慣れない育児からのストレスが原因と考えられます。

また、育児でご自分の時間がなくなったために夜中にひとりでゆったり過ごすことが日常になった方もおられます。


いろいろな要因が複雑にからみ、無月経となっていることもあります。

血液検査の結果をお持ちの方も多く、検査結果を確認すると原因がはっきりし、ご提案・漢方治療のプロセスもみえてきます。



漢方薬は授乳とストレスが主な原因と考え、
東洋医学でいう「五志の憂」のチェックを主に行い、漢方薬をご提案します。

流産を考える
流産を繰り返す。
本当に辛いことです。

実は、私も一度流産の経験があります。

流産経験のある方は、
二度と体験したくないと思うあまり、妊娠することに対して二の足を踏んでいるのでは・・・
と考えるといたたまれなくなります。


いままでも同じ経験をなさった方々のお気持ちに添って、
お話を伺い、焦らず、気持ちが一歩前に出始められるまで、
その時間を共有して参りました。

そのうえでの漢方治療になりますので、
充分ママになるheartでお喜びの日をむかえておられるのだと思います。



まず、母体を整える!


流産、そしてその処理の手術。言葉で言い尽くせない経験です。

流産を繰り返すいわゆる「習慣性流産」についてですが、
これは流産を3回以上繰り返す場合をさします。
最近報道も多く注目されています。

漢方では、「少し不育になっているのかも」と判断し、
糸練功でチェックしていきます。

子宮内膜と受精卵の関係は、「免疫」の仕組みを視野にいれて、考えていかねばなりません。

「流産」そのものの原因は、受精卵にあるそうですが、
原因が不明とされるものが50%以上あります。

原因不明とははなはだ無責任に扱われたようだ、
と薬局にいらした方から伺ったことがあります。
患者さんにとっては不安材料になりますから。


流産経験がある方のみならず、「母なる女性」は日ごろから自己管理が必要なのです。


薬局では、基礎体温表、問診をもとに漢方薬を選び、
なによりも生活習慣におけるご提案をし、実践していただいております。

また、「漢方」には、妊娠なさった直後から、流産予防の「安胎薬(あんたいやく)」をお勧めしております。
心配な方はご相談の上、服用されております。


「次の赤ちゃんがほしい!」と願っている。
バースコントロールもしていないのに妊娠しない。
最初の妊娠は悩むことなくできたのに・・・


第二子以降の不妊で悩んでいる方も多いです。
なぜでしょうか?

薬局では、漢方薬をお勧めするために「問診」をしていきます。
問診は、今の生理のご状態をはじめ、
立ちくらみがないか?
めまいがないか?


偏頭痛があるのか?いつ起こるのか?なども伺って妊娠しやすいカラダ作りに役立つ漢方薬を選薬していきます。

漢方と生活習慣でうまくいく!


第一子ができない方にも共通していることですが、
睡眠の摂り方、食事など、
細かなところまでチェックしなければならないくらい、
日々に生活の営みに大きな原因があり、
絡んだ糸をほぐすように時間もかかります。


根気の要ることですが、体調が整うことで自然妊娠は充分可能です。

二人三脚で取り組んでいきたいと思っております。


「2〜3ヶ月だけ飲んでみる」と「漢方」の取り組みに対し、時間を区切る方がいらっしゃいます。
大変惜しいことです。

2〜3ヶ月という短い期間で深いところまで進んだ体調の不備は、
子供を迎えられる状態になりません。

自分を信じ、しっかり取り組んでください。



▲このページのTOPへ

不妊の漢方相談について
不妊 漢方TOP漢方相談についてお問い合わせ薬局のご案内アクセス妊娠のご報告

不妊 漢方 相談の越中・鳳薬局です。おもに以下の地域からご来店いただいております。
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋・高崎) 埼玉県(さいたま・大宮・浦和・和光・蕨)
東京都(東京・銀座・新宿・池袋・渋谷・品川・大田・杉並・練馬・吉祥寺・町田・狛江・八王子・立川) 千葉(千葉・柏)
神奈川(横浜・川崎・藤沢・相模原) その他:長野・名古屋・大阪・広島・福岡
 
COPYRIGHT(C)2007〜不妊(不妊症) 漢方東京 漢方薬の越中・鳳薬局 ALL RIGHTS RESERVED.